長年お世話になる白髪染めだからこそ、じっくり選ぶべき!

白髪染めは髪を傷めやすいの…?

髪の毛を染めるためのカラーリング剤は、通常のものと白髪染めとに分かれていますよね。若いうちは通常のヘアカラーで構いませんが、白く染まった髪の毛を染めるには専用の白髪染めを使わなければきれいに染まりません。白髪染めは、髪の毛のキューティクルをアルカリ性の成分でいったん開いて脱色を済ませてから、髪の毛を好みの色に変化させるので、頭皮や髪の毛への負担がより大きいのです。そのため、注意深く使わないと頭皮や髪の毛が荒れてしまいがちです。毛先がパサつくようになった人は、白髪染めが原因かもしれません。しかし、適切な白髪染めを使い、適切なペースで染めるようにしておけば、頭皮と髪の毛へのダメージを最小に抑えることができるのです。いくら髪の毛が白くなくなっても、ボロボロだと美髪とは言えないですよね。

髪に優しい白髪染めを求めよう

白髪を染めるために使うので、どうしても長期間にわたって使用することになりますから、低刺激であることは必須条件です。肌がデリケートな人でも安心して使える、頭皮に優しいものを使いましょう。白髪を脱色する成分に、刺激の強い過酸化水素水を使っているものだとダメージが大きいので、これを使っていないものから探してください。髪の量がまだ少ない場合は、全体的に白髪染めを使うよりも部分染めをするようにすると頭皮への負担を軽減させられますよ。白髪染めを使うペースは、白髪が伸びてくるのが嫌でこまめに染めたくなるかもしれませんが、髪の毛の伸びるスピードを考えると二か月に一回くらいが理想的です。

品川美容外科の裁判について詳しく