しわやたるみは嫌!紫外線による光老化から肌を守ろう!

しわやたるみの原因のほとんどは…

顔がしわしわで皮膚がたるんでいる人は、しわが少なくて肌にハリが残っている人に比べて老け込んだ印象が強くなりますよね。同じ年代でも、美魔女と呼ばれるような年齢不詳の若い外見の人もいれば、実年齢よりも10歳近く老けて見える人までバラバラですが、これは日頃のスキンケア次第で若々しくなることも出来れば、逆に老けてしまうことを意味しています。肌の老化を感じさせるしわとたるみですが、原因の8割は紫外線からのダメージによる光老化だと言われています。加齢で皮膚の構成成分が劣化したり減少してしまうことやターンオーバーの周期が長くなるなどの、誰にでも起こる自然な老化よりも、光老化の方がより影響が甚大なんです。確かにお年寄りの肌を比べてみると、光を良く浴びる顔よりも、服の下に普段から隠れているので紫外線が当たりにくいお腹などはしわが少なめではありますよね。

紫外線からお肌を守る!

紫外線のせいでコラーゲンやエラスチンが壊れてしまったり、ダメージから保護するために皮膚を分厚くしようとしますよね。これらの問題をなくすためには、日焼け止めをするだけでも充分なんですよ。化粧品の中にも、UVカット効果のあるファンデーションやBBクリームがあるので、メイクと同時に光老化対策ができますね。紫外線の種類は二つあり、しわとたるみの原因になるのはUV-Aの方です。このUV-Aから肌を守る効果は、PA値で表示されており、プラスの数が大きい方がより効果が大きくなっています。

品川美容外科の提訴について調べる